トップページ

はじめてブログを書いてみようという人にとって、レンタルサーバーやドメインは非常にハードルが高いものです。このサイトは、現役エンジニアが失敗しないレンタルサーバーの選び方や、トラブル発生時の対応方法について簡易な言葉で紹介していきます。

初心者でも安心して利用できるレンタルサーバーは?

初めてレンタルサーバーの利用を検討している人は、「エックスサーバー」がおすすめです。

参考)エックスサーバーの始め方

様々な種類があるレンタルサーバーですが、比較しようと思えばいくらでも比較が可能です。ただ、本当に自分にとって必要なものは何か?と考えると、比較の観点はそれほど多くありません。大手のレンタルサーバーであれば、このみやぱっと見で決めてしまっても問題ありません。レンタルサーバー選びに時間をかけているくらいなら、記事を書きましょう。

とはいえ、失敗したくない、一番お得にレンタルサーバーを契約したいと思うものです。このサイトでは、情報が多く出回っている「エックスサーバー」と「ConoHa WING」について絞って取り上げます。2つとも良いサービスなので、どちらを選んでも大外しすることはないでしょう。

それでは早速、おすすめの比較方法とその理由について説明していきます。

「エックスサーバー」がおすすめの理由

「エックスサーバー」のほうをおすすめする理由は「費用」になります。性能、サポート、使いやすさなど他の観点もありますが、どちらのレンタルサーバーも高いレベルで提供されています。そのため、初めてレンタルサーバーの利用を検討している場合は、気にする必要はありません。

ただし、その時々で実施しているキャンペーンによってお得なものが入れ替わる場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

★ 2022年9月時点でおすすめなのは「エックスサーバー」です ★

おすすめのプランを36カ月契約し、キャンペーンと紹介割引を適用した場合の月額費用
・エックスサーバー:217円/月
・ConoHa WING:687円/月

申し込みまたは詳細の確認はこちらから。
 エックスサーバー公式サイト / ConoHa WING公式サイト
※上記URLから申し込みをすることで、
 エックスサーバーの紹介割引特典を受けることが可能です

「エックスサーバー」と「ConoHa WING」の主な違い

まずは、「エックスサーバ」と「ConoHa WING」の主な違いを見てみましょう。

運営会社

項目 エックスサーバー ConoHa WING
運営会社 エックスサーバー株式会社 GMOインターネットグループ株式会社

エックスサーバーの運営会社はエックスサーバー株式会社です。
2022年で19周年を迎える歴史ある企業で、レンタルサーバーを専門に取り扱っています。運用サイト数は230万件を突破しており、コストパフォーマンスが優れたレンタルサーバーとして、個人はもちろん、企業でも使われています。インターネット上に情報も多く、サポートも丁寧なため、困ったときに解決に向けて進みやすいサーバーといえます。

ConoHa WINGの運営会社はGMOインターネットグループ株式会社となります。
GOMインターネットグループは、レンタルサーバーやドメイン事業をはじめ、金融、広告、暗号化資産など様々な事業を展開しています。買収等で事業拡大しているため、サービスによって品質の違いが大きいイメージがありますが、ConoHaは自社でスタートしたサービスということもあり高いサービスレベルで提供されています。

おすすめプラン

両サーバーともに3つのプランで提供されています。

項目 エックスサーバー ConoHa WING
プラン名 スタンダード
プレミアム
ビジネス
ベーシック
スタンダード
プレミアム
おすすめプラン スタンダード ベーシック

共通する違いはディスク容量になります。「ConoHa WING」に関しては、サーバースペックにも違いが生まれてきます。

はじめてレンタルサーバーの利用を検討する人にとっては、最小のプランで十分すぎるスペックが提供されているので、最小プランを選択しましょう。

コストダウンポイント

どちらのサーバーも初期費用は無料となっています。
月額費用に違いが発生し、お得に使うためのコストダウンポイントは3つあります。

項目 エックスサーバー ConoHa WING
おすすめ契約期間 36か月 36か月
キャンペーン特典 あり あり
紹介割引 あり
長期契約割引 あり あり(WINGパック)

お得に利用するポイントの一つ目は、契約期間です。長期になればなるほど大きな割引を受けることが可能です。最長36カ月契約となります。
36カ月契約にすることで、エックスサーバーでは25%割引、ConoHa WINGでは37%の割引を受けることが可能です。

2つ目にキャンペーン特典もポイントになります。その時々で実施しているキャンペーン内容が変わってくるので、どちらもチェックしておくとよいでしょう。

最後に、紹介割引の有無です。エックスサーバーには紹介割引というものがあり、最大1万円の割引を受けることが可能です。利用の仕方はページの最後に記載するので、興味があればご覧ください。

おすすめプランごとの違い

おすすめのプランを36カ月契約した場合の違いを見ていきましょう。

料金

初期費用はどちらも0円です。
月額費用については、最大限割引を適用させることで、エックスサーバーのほうが安くなります

項目 エックスサーバー ConoHa WING
初期費用 0円 0円
月額費用 1320円 1320円
 36か月契約割引込み 990円 836円
  紹介割引込み 712円 836円

スペック

項目 エックスサーバー ConoHa WING
ディスク容量 300GB 300GB
メモリ 1TB 8GB
vCPU 128コア 6コア

スペックはエックスサーバーのほうがが圧倒的に高いものになっています。
ただし、同一のリソースを何人で利用するか、によって自分への影響有無が変わってくるので、一概に高ければ良いというものではありません。とはいえ、そこは公開されない部分なので、上限が高いほうがより安心して使えると思います。

WordPressの使いやすさ

項目 エックスサーバー ConoHa WING
ドメイン 独自ドメインが1つ永久無料 独自ドメインが2つ永久無料
WordPressのクイック構築 あり あり
高速化技術 Kusanagiを利用 自社カスタマイズ

通常WordPressを使い始めるためには、レンタルサーバーの契約、ドメインの取得および設定、WordPressのインストールなど様々な作業が必要になります。

どちらのレンタルサーバーも、独自ドメインの無料提供があり、WordPressのクイックインストールが提供されているため、契約完了と同時にWordPressへログインし記事を書き始めることが可能です。

参考)各レンタルサーバーのおススメのプランの選び方
ConoHa WINGのプランは、ベーシック、スタンダード、プレミアムのどれを選んだらよい?
エックスサーバーのプランは、スタンダード、プレミアム、ビジネスのどれを選んだらよい?

まとめ

この記事では「エックスサーバー」と「ConoHa WING」の違いやおすすめの理由についてご紹介しました。

どちらのレンタルサーバーも安定性や情報、実績が豊富でおすすめできるサービスです。

比較選定するうえで、最も重視すべきなのは「コスト」になるので、その時々で最もコストパフォーマンスがよいサービスを選びましょう。

★ 2022年9月時点でおすすめなのは「エックスサーバー」です ★

おすすめのプランを36カ月契約し、キャンペーンと紹介割引を適用した場合の月額費用
・エックスサーバー:217円/月
・ConoHa WING:687円/月

申し込みまたは詳細の確認はこちらから。
 エックスサーバー公式サイト / ConoHa WING公式サイト
※上記URLから申し込みをすることで、
 エックスサーバーの紹介割引特典を受けることが可能です


投稿日:

Copyright© レンサバ救急隊 , 2022 All Rights Reserved.