【WEB制作者さんのためのレンタルサーバ選び】現役エンジニアがレンサバの基礎知識やトラブル対処法をお教えします

レンサバ救急隊

トラブルシューティング

503 Service Unavailableの原因調査と解決法

投稿日:

503 Service UnavailableまたはService Temporarily Unavailableは、何らかの制限がかかってしまい、サイトの閲覧が規制されているというメッセージです。

せっかくのアクセスがレンタルサーバー側の都合で規制されているというエラーで、安さをウリにしているレンタルサーバーほど発生頻度は多くなります。

もしこのエラーが出るようになったら、503エラーが出にくい環境へ移行することを早々に検討しましょう。

CPIのACE01 は、503に強いレンタルサーバーとして有名です。安かろう悪かろうのサーバーを利用している人は、検討してみるとよいでしょう。

PICKUP!

503エラーについては、沈黙のウェブライティングで有名なウェブライダーの松尾氏も詳しい記事を書いています。本文中で CPIのACE01 をおすすめしているようですので一読してみるとよさそうです。

参考:503エラーを防ぐ!Web屋が知っておくべき503エラーの原因と対処

このエラーがでる可能性がある原因は次の通りです。

  • 瞬間的にアクセスが増大している
  • レンタルサーバーの制限に引っかかっている
503の原因

503の原因

503エラーが発生する原因

503エラーは、サーバー上のエラーではなく、レンタルサーバー業者が自社サービスを守るために意図的に発生させているエラーとなります。

レンタルサーバーは一つのサーバーを複数のお客様がシェアする形で利用しています。一つのサーバーを同時利用するお客様の最大数は事前に想定されており、レンサバ業者としてはなるべく最大数に近い数でシェアしたいと考えています。

利用するお客様のサーバ負荷は、お客様ごとに差が大きくあり予測しにくいものです。負荷が少ない分には問題ありませんが、大きい場合はやっかいです。そこで、想定している負荷を超えた場合は503 Service Unavailableというエラーを意図的に返すことで、サーバー負荷を一定に保っているのです。

503エラーの解決法

503エラーが発生した場合にできることは、レンサバ業者へ連絡することくらいです。制限解除の相談をしてみましょう。

解除が難しい場合は、早々にサーバーの引っ越しを検討する必要があります。

利用するサーバーによって、503エラーの発生しやすさがことなります。

  1. クラウド
  2. 専用サーバー
  3. レンタルサーバー

お金に余裕がありインフラに関する知見がある場合は、クラウドの利用を視野に入れてみるとよいでしょう。

クラウド

クラウドは大規模なIT基盤上に構築されているため、503エラーが発生することはほとんどありません。

使った分だけ支払いの従量課金制になっていることが多く、503エラーで発生したような制限はお金で解決することができます。

反対に使えば使うだけ青天井で費用がかかるので、それなりに知見がある人を交えて導入を検討しましょう。

専用サーバー

専用サーバーも503エラーが発生しにくい環境です。

しかしながら、サーバー事業者によっては回線などで制約がかかる場合があるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

昨今は専用サーバーを使うならクラウドを使う選択肢のほうが増えてきていると感じます。

レンタルサーバー

レンタルサーバーは503エラーが発生しやすい環境です。

月額1,000円程度の安価なレンタルサーバーは、サーバー一台あたりの同時利用者数を大きく想定しています。そのため、制限値は低く設定されがちです。反対に数千円のレンタルサーバーは、一台あたりの同時利用者数が低く抑えられており、制限値も高く設定されています。

それなりにアクセスが見込める場合は、安かろう悪かろうではなく、きちんとしたサーバー選びをする必要があります。

503エラーが発生しにくいと感じるおすすめのレンタルサーバーは CPIのACE01 です。

-トラブルシューティング

Copyright© レンサバ救急隊 , 2018 All Rights Reserved.