レンサバ救急隊

【レンタルサーバー比較、その前に】現役エンジニアがレンサバの基礎知識やトラブル対処法をお教えします

hostsファイルの設定方法

      2017/07/18

hostsファイルの設定変更方法を解説します。自分のパソコン端末だけ、DNSレコードを変更したい場合に使えます。

hostsファイルとは

ドメインとIPアドレスの対応を記載

hostsファイルとは、ドメインとIPアドレスの対応を記載しておくファイルです。

hostsファイルはドメインとIPアドレスを管理

hostsファイルはドメインとIPアドレスを管理

勘のいい人であれば、「それって、ネームサーバーと同じでは?」と思うかもしれません。その通りで、役割としてはネームサーバーと同様の役割で、ドメインに対するIPアドレスを教えるために存在しています。

hostsファイルとネームサーバーの違いは、「影響範囲」と「優先順位」です。

hostsファイルの影響範囲は、あなたの端末のみ

hostsファイルは、端末ないのテキストファイルとして存在しています。そのため、hostsファイルに記載した内容の影響範囲は、端末内のみとなります。

名前解決の順序は、hostsファイル→ネームサーバー

パソコンで名前解決をするとき、次のような優先順位で行われます。

  1. hostsファイル
  2. ネームサーバー
hostsファイル、ネームサーバーの優先順位で名前解決

hostsファイル、ネームサーバーの優先順位で名前解決

ドメインが入力されると、まずhostsファイルに記載があるかが確認されます。もし、該当するドメインがファイル内に存在していた場合は、それに対応したIPアドレスが返却されます。存在しない場合は、ネームサーバーへ確認しにいくことになります。

どんな時に使うの?

このhostsファイルですが、どのようなシチュエーションで利用するのでしょうか?

ドメイン取得前やDNSレコード登録に時間がかかる場合

なんらかの理由によって、ネームサーバーに登録するまでに時間がかかるときがあります。そのような場合は、ネームサーバーの登録を待つのではなく、hostsファイルへ記載することで、その端末からドメイン指定でアクセスが可能になります。

具体的シチュエーション例としては、ドメイン取得前に動作確認をしたい場合があげられます。hostsファイルへの記載は、ドメイン取得の有無とは関係ありません。そのため、ドメイン取得前でも、hostsファイルを使うことで疑似的に動作確認が可能です。

また、テスト用のドメインをネームサーバーへ登録したくない場合もあります。大きなリニューアルをする場合には、「test.」などテスト用ドメインを利用して修正します。そのときに、ネームサーバーへ登録するのではなく、hostsファイルのみに記載することで、人知れずテストをすることが可能です。

ネームサーバーに登録されているものとは、別のIPアドレスを指定したい場合

すでに登録されているドメインに別のIPアドレスをつけるときにも活用できます。

具体的には、サーバー移行のテストがあげられます。なんらかの理由によってサーバーを変更する必要がある場合。新しいサーバーへコンテンツを移動させたあとに、動作確認が必要です。動作確認のためには、ドメインに対応するIPアドレスを新しいサーバーへ変更する必要があります。

いきなりネームサーバーのDNSレコード設定を変更してしまうわけにはいきいません。そんなときに、hostsファイルを変更すると、テスト用の端末のみ新サーバーへアクセスさせることができます。

hostsファイルの変更方法

hostsファイルの変更手順は次の通りです。

  1. メモ帳を管理者として実行
  2. C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts を開く
  3. 「IPアドレス ドメイン名」の書式で最下部へ記載
  4. 動作確認

詳細を説明します。

1. メモ帳を管理者として実行

メモ帳を管理者として実行します。メモ帳は、「Windows->Windowsアクセサリ->メモ帳」に存在しています。右クリックすると「管理者として実行」のメニューがあるので選択します。

メモ帳を管理者として実行

メモ帳を管理者として実行

2. C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts を開く
メモ帳を「管理者として実行」で開いたら、「ファイルー>開く」を選択します。

hostsファイルを開く

hostsファイルを開く

「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」を選択し、右下の「テキスト文書(.txt)」を「すべてのファイル(.*)」へ変更すると、「hosts」というファイルが選択できるようになるので開きます。

3. 「IPアドレス ドメイン名」の書式で最下部へ記載
hostsファイルをひらいたら、最下段へ次の形式で記載します。

IPアドレス ドメイン名

「IPアドレス  ドメイン」の書式で記載

「IPアドレス ドメイン」の書式で記載

4. 動作確認
ファイルを保存したらブラウザ等で動作確認をします。

スポンサーリンク

 - ドメイン