レンサバ救急隊

【レンタルサーバー比較、その前に】現役エンジニアがレンサバの基礎知識やトラブル対処法をお教えします

独自ドメインブログの運営方法は?自作編

      2017/07/18

独自ドメイン+レンタルサーバー。WordPressを利用せずに、すべて自作でブログを構築することも可能です。HTMLやスタイルシートなどいろいろな知識を覚えることができます。

HTMLはテキストファイル

CMSがない時代は、自分で一からHTMLを書いてサイトを作る必要がありました。今でも凝ったサイトを作りたい人は、そのように作っている人もいます。

ウェブサイトを作るために必要はHTMLはテキストファイルです。テキストファイルということは、ノートパッドなどのエディタがあれば作ることができます。<html>から始まるお決まりの構文を書いていき、<body>以下に実際の記事を書いていきます。

しかしながら、これは非常に大変な作業です。何が大変かというと、次のような困難があります。

  • 定型文をたくさん書く必要がある
  • 定型部分に修正が入ると、すべてのファイルを修正する必要がある
  • HTMLやCSSなどの構文を覚えておく必要がある
  • 文法のチェックが困難
  • ページが増えてくると管理が困難

1ページのサイトであればいいですが、数十、数百ページのサイトになると、エディタだけでサイトを作成するのは非常に難しくなります。

代表的なホームページ作成ソフト Dreamweaver

そこで活躍するのが、ホームページ作成ソフトです。

代表的なものとして、Dreamweaverがあります。Dreamweaverは、Adobe社が提供するホームページ管理ソフトです。Dreamweaverを使うと様々なメリットがあります。メリットを少しだけ紹介しましょう。

  • コードに対するデザインをすぐに確認できる
  • エディタの入力支援が便利
  • リンク切れチェックができる

コードに対するデザインをすぐに確認できる

テキストエディタで作成する場合は、コードを書いたら保存して、ブラウザで表示を確認する必要があります。

Dreamweaverであれば、表示を見ながらコードを修正することが可能です。表示部分を直接編集することも可能なので直観的な修正ができます。

テキストエディタと大きな違いは、このデザインビューにあるといえるでしょう。

エディタの入力支援が便利

HTMLはタグの組み合わせで成り立っています。<html>というタグで始まり</html>で終わる決まりがあります。

定型部分をいちいち手入力するのは非常に面倒です。また、よく使うタグは覚えておくことができますが、あまり使わないタグまですべてを覚えておくのは至難の業です。

入力支援機能を使うと、効率よくコーディングが可能です。入力支援機能では、<を入力すると候補が表示されます。候補から選択するとタグが自動的に入力されます。しかも、</まで入力すると自動でタグが閉じられるので、わざわざ同じようなタイピングをする必要がなくなるのです。

リンク切れチェックができる

自力でやろうとすると大変なのが、リンク切れのチェックです。すべてのページを見て、リンクを確認する必要があります。

Dreamweaverであれば、自動でチェックしてリンク切れを教えてくれます。

レンタルサーバーが必要

Dreamweaverはホームページ制作を手助けしてくれるツールです。サイトを公開するためには、サーバーが必要です。個人利用の場合は、レンタルサーバーを利用するのが賢い選択です。

独自ドメインとレンタルサーバーを契約し、Dreamweaverで作成したソースをアップロードする。サイトを自作するときは覚えておいてほしい組み合わせです。

スポンサーリンク

 - コラム